RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

地球環境への取り組み

RPF燃料は地球環境を保全するためにも必要な新しいエネルギーと言えます。
それは、CO2排出の低減と枯渇性資源の節減が各国でも話題になっています。

この日本でも問題とされており、家庭からでるCO2の削減だけでは、目標をクリアすることは不可能といえます。

また、埋立て処分場の延命なども大きな問題で、分別ゴミなどをおこなってもこのままでは、埋め立て地さえも作れない状況となることは目に見えて明らかです。

RPFはマテリアルリサイクルが不可能な産業廃棄物を破砕機刃物と減容機を使用して製造できる、高品位の固形燃料です。

発熱量も高く、石炭並みで貯蔵性にも優れているのです。
廃プラスチックや紙類などの一般廃棄物を原料としているため品質が安定しているだけではなく、燃焼してもダイオキシンの発生がほとんどありません。

耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機などの専門用語を解説!~製造業の専門用語~

意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。破砕機刃物と減容機!

レーザー溶接について

日常的に利用する物の一つに自動車がありますが、この自動車を製造する際には、レーザー溶接が使用されています。自動車は人間の命に関わる事もあります。

また、あれだけのスピードで走る事ができますので、非常に精密な構造になっています。レーザー溶接は自動車の製造において欠かす事ができない技術の一つとなっている様ですね。

レーザー溶接は自動車のボディ部分を接合するなど、非常に重要な箇所に使われています。

自動車には、この技術の他にもいろんな溶接が使用されており、部分によって異なる技術を用いて溶接が行われている事もある様です。

昔から使われている技術ですが、奥が深いですね。

マイクロスコープを国内輸送してみよう

マイクロスコープを発注したとして、最終的には業者さんの所から自社まで持ってきてもらわなければなりません。そういった際に雑に扱われてもの自体が壊れてしまったら元もこうもありません。ではどのような梱包をしてもらうのが一番いいのでしょうか?大事なのは「動かない」ということです。

いくら外箱を頑丈にしたとしても、中が動いてしまって左右上下に好き勝手に動いてしまうようでは意味がありません。ですので、できればそのサイズにあった箱にして、空いたスキマに緩衝材を詰め込むというのが確実です。また、割れ物であることを示すシールを貼ったり、わかりやすく明記し業者に伝えることが必須です。

マイクロスコープを買いたい!

マイクロスコープを買いたいという人は一体どこに足を運んでみればいいのでしょうか?どこで購入したらいいのかは、一体どれくらいの機能がついているものを購入したいと考えているのかによります。例えばお子さんが自由研究に使用したい、遊びに使いたいという時にはホームセンターやネットで購入できるようなタイプのもので十分だと思います。

しかし会社の仕事で使用したいという時にはそういったものではシステム的に物足りない所もあると思います。このような専門業者で使用するタイプのものは専門の業者さんに依頼します。会社でやり取りがある業者があるならそちらが一番です。

マイクロスコープで観察できるもの

マイクロスコープは、日本語で「顕微鏡」のことです。顕微鏡にも種類があるのですが、一般的には「光学顕微鏡」のことを指し、倍率は、数十倍から数千倍の高倍率な顕微鏡となっています。

また、高倍率なマイクロスコープは、直接観察体を見ることができず、カメラを通してみる必要があります。生物や鉱物、繊維などの組織構成を確認することができ、ウイルスなどを観察することも可能です。

例えば、魚のうろこを500倍にしてみると、隆起線が年輪として観察することが可能です。肉眼でも見えるのですが、よりはっきりとみることができます。

マイクロスコープについて

マイクロスコープの知って得するマメ知識毛穴が見えるマイクロスコープ
マイクロスコープを輸出するにはマイクロスコープで歯の寿命を延ばせます

スクラバーの仕組みについて

スクラバーは工場の排気に含まれる有毒ガスやチリなどを取り除く装置です。洗浄塔とも言われ縦に長く筒状の形をした大きな装置で、塔の内部にアルカリ性や酸性の洗浄液を噴出させ「湿式」という排気中の汚染物質を中和して除去する仕組みと、「乾式」と呼ばれる高性能フィルターや活性炭に排気を通過させて、悪臭の原因になる有害物質を吸着させるようになっています。

高性能なものも存在しており多くの日本人からの注目を集めています。しかし、スクラバーには定期的なメンテナンスが必要で、管理状態が悪いと大気汚染の原因となることもあります。

環境維持のためのスクラバー

化学製品の加工、製薬の際、有毒物質である気体が発生することがあります。その気体をそのまま捨ててしまうと、環境汚染や公害病などにつながります。

スクラバーは、有毒ガスなどを集めて洗浄装置で浄化し、きれいな空気に変換して排出する装置です。工場の屋上や建物の外に取り付けられることが多くあります。

洗浄する方法を大きく分けると乾式と湿式の2種類があります。乾式は、フィルターなどに有害物質を吸着させて悪臭の原因を取り除きます。

湿式は、アルカリ性もしくは酸性の洗浄液を噴出して中和し、臭気を洗浄します。

スクラバーはとても効果的な装置です

工場を稼働させることによって、煙が発生する場合があります。これらの煙に有害物質が混ざっていて、有害物質をそのまま大気中にまき散らすことによって、周辺地域の人の健康に被害を及ぼしてしまうことがあります。その有害物質を無毒な煙にする為に使用するのがスクラバーです。

いろいろな種類があり、どのような排気ガスを出しているかによって、中に入れる薬剤を変えたり、有害物質を排除する方法を変えることが出来ます。スクラバーは大きく分けて2つあり、湿式と乾式に分かれており、どちらの装置が良いのかは設置する工場によって異なります。

スクラバーについて

環境トラブルを回避するスクラバー飲食店でも導入されるスクラバー
大気汚染を回避ができるスクラバーさまざまな現場で必要とされるスクラバー

豊かな海を取り戻すための藻場再生

日本の浅瀬には、まるで森林のようにたくさんの海藻が群生しています。そのような場所を藻場といいますが、ここは海洋生物の住処となると同時に、海の浄化にも一役買っているのです。

しかし、近年においては、水質の汚染や海水温の上昇などが原因で、海洋生物が生活するための環境が失われつつあるといわれています。そのため、漁業にも深刻な影響を与え始めているのです。

日本は昔から海からあらゆる恩恵を受けてきた国です。かつてのような豊かな藻場を再生するためにも、全国各地で藻場再生をおこなうための活動が、少しずつ始められています。

時間がかかる藻場再生

多くの人が藻場再生のための活動を熱心に行ったとしても、すぐに環境が変わるという分けではありません。藻場再生を行っても、少しずつ環境が改善すると思われます。

また、それまでに藻場再生のためにたくさんの人の労力が必要となるでしょう。藻場再生で環境が改善できたとしても、しばらく何もしない状態が続くと、以前の状態に戻ってしまったという様であれば、藻場再生は成功したと言えないでしょう。

できるだけ長く安定した状態を続かせる事も大切です。台風が発生したり、多少水温が高くなるなどという事も考えられますが、可能な範囲でその様な場合にいついても考慮しながら対策を行う必要があるでしょう。

埋め立てと藻場再生

埋め立てを行う事が、藻場の環境が荒れてしまう直接的な原因となる事もあります。以前とは環境が大きく変化している様であれば、藻場再生をしなくてはなりません。

以前に比べると藻場再生など環境について重要だと認識している人は増えている様に感じますが、藻場再生などの具体的な環境対策を更に進めていく必要があるでしょう。

都市開発を行う事も大切ですが、藻場再生などの環境対策と両立して行っていく事が理想的ではないでしょうか。藻場再生を行う事によって、海の生物を守ると同時に、人々の生活をより良いものにする事が求められています。みんなが意識を変える事で、いい影響が出る事が期待されます。

雨量と酸性土壌の緑化について

実は酸性土壌の緑化と雨量というのは関係があります。酸性土壌の緑化が必要となる原因は、酸性の雨が降る事で、土の酸性が強くなる事と言われています。

そのため、雨が多いとその分だけ土の酸性が強くなる事もあります。また、酸性土壌の緑化を行ったとしても、雨が降ってしまうと、順調に進まない事もあります。

酸性土壌の緑化については、より簡単に対策ができる様、技術開発が行われています。酸性土壌の緑化は、雨が降らない砂漠地帯の緑化とは異なる部分もあります。

それぞれの場所により、緑化において問題となっている事柄は違いますが、適切な方法で対策を行う事で、状況の改善を行う事が必要とされています。

藻場再生、酸性土壌の緑化について

藻場再生を行う方法継続して行う藻場再生
植物を育てる為の酸性土壌の緑化酸性土壌の緑化への取り組み

子供を安心して遊ばせられる公園施設や遊具

大人が目を配っていても、時として思いもよらぬ行動をしてしまうのが子供というものです。公園施設の遊具には子供たちが怪我無く遊べるよう、さまざまな工夫されています。

まず、ボルトで固定したり地中に埋め込んだりして、複数人が体重をかけても倒れることが無いように、しっかりと固定されています。そして、手や指を挟んで怪我をしたり、遊具の隙間に身体の一部を入れて抜けなくなるといった事故を防ぐため、隙間を溶接したり間隔調整を行っています。

また、身体に害の無い塗装や材質を使用して、万が一舐めてしまっても問題無いようにしています。公園施設や遊具には安全に遊ぶことのできる環境が整えられています。

公園施設や遊具について

遊具が充実している公園施設公園施設や遊具に求められるもの
公園施設での遊具の管理遊具や公園施設は進化するか

メニュー

現代の新エネルギーRPFホーム 藻場再生 酸性土壌の緑化 公園施設や遊具 公園施設 遊具 マイクロスコープ スクラバー

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る