RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

耐摩耗に特化した粉砕機

RPFの原料として受入れられた古紙、廃プラスチック類は、選別、破砕、成形の工程が必要となります。

このRPFとして製品化するために、必要な耐摩耗に特化した粉砕機について、考えてみたいと思います。

こういった粉砕をおこなう機械は、長時間の摩耗を耐えることが必要とされます。

機械の部品同士が接触しながら運動することによりこすれたりして精度が低下することは避けることができませんが、それを防ぐことが重要なのです。

現在では、こういった 摩耗に耐えることができる耐摩耗工具などの開発も進んでおり、破砕機刃物の選定は重要といえます。

代表的な刃物材質としては、合金工具鋼、高速度工具鋼、超硬合金などがあり、それぞれ特定が違い、合金工具鋼は衝撃性が高く、高速度工具鋼は耐摩耗性に優れているといったことがあげられます。

破砕物に応じた刃物の材質を選定する必要があります。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る