RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

藻場再生

藻場とは、沿岸域の海面下にある『海の森』、海藻や海草などの群落です。水質の浄化や、多様な水生生物の命の維持などに大きな役割を果たし、水産資源の恵みを受けられるのも、藻場のおかげです。

ところが、埋め立てや化学物質の流入で、藻場が大幅に減少してしまっています。人為的な原因以外にも、温暖化による海水温の上昇と摂食生物の増加など、藻場減少の原因は多岐にわたっています。

豊かな海を取り戻そうと、全国290の漁協で、藻場の再生に向けた保全活動が行われています。

栄養供給や、磯掃除で藻場の生産力のアップを図ったり、食害生物の駆除や防御など、各地で地道な活動が重ねられているのです。

状態を改善する藻場再生

環境を保護しないといけないのは陸上だけではありません。私たちには見えない海の中の環境を守る事も大切です。

社会が近代化し、多くの海が埋め立てられたり、海水の汚染などにより海の中の生き物にとって生活しにくい環境となり続けています。

海の中でも浅く日光が届く藻場と呼ばれる場所に海藻やコケなどがいなくなってしまう磯焼けという深刻な状態の場所も少なくありません。少しでもその状態を改善するために藻場再生という取り組みが行われています。

海にたくさんの生物が生息できるような環境を作るために藻場再生が積極的に行われています。

効果的な藻場再生のやり方

藻場は年々減少しつつあります。現象の理由は、地球温暖化による海水の温度の上昇や、埋め立て地の開発など、いくつもあります。海の生き物の住みかとなっている藻場の砂漠化現象が起きているのです。ウニによって海草が食べ尽くされてしまう事も原因の一つです。

藻場を再生する活動のことを藻場再生 といいます。主な取り組みとしては、海草の種をまく事と、ウニを減らす事か中心になります。ウニの駆除は、ダイバーや、素潜りで行います。

藻場再生 を行う事で、魚の産卵場所を確保したり、水質の浄化によって、赤潮や青潮の発生を防ぐ事ができるのです。

海の環境を維持するための藻場再生

当たり前のようにある海ですので、海の環境の変化について、一般の人は気がついていないケースもあるようです。しかしながら、ここ数年において海の環境は大きく変化をしています。

詳細を詳しく調べるために、水質の調査がおこなわれています。そのことによって海の生態系を調べることができます。その調査をおこなうにあたって、例年通りで変化がないようであればそのままで良いですが、万が一問題があれば、藻場再生などがおこなわれているようです。

海の環境が変化してしまうと、地球全体の問題になりますので、みんなで環境を守りたいですね。

バイテクソイル工法

酸性土壌の緑化や藻場再生、磯焼け対策に有効なバイテクソイル工法をご紹介しています。詳しくは下記サイトをご覧ください。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
本社:大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号
東大阪営業所:東大阪市宝持2丁目2番10-407号
神戸営業所:兵庫県神戸市灘区弓木町3丁目3番15-306号

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る