RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

藻場再生

藻場とは、沿岸域の海面下にある『海の森』、海藻や海草などの群落です。 水質の浄化や、多様な水生生物の命の維持などに大きな役割を果たし、水産資源の恵みを受けられるのも、藻場のおかげです。

ところが、埋め立てや化学物質の流入で、藻場が大幅に減少してしまっています。人為的な原因以外にも、温暖化による海水温の上昇と摂食生物の増加など、藻場減少の原因は多岐にわたっています。

豊かな海を取り戻そうと、全国290の漁協で、藻場の再生に向けた保全活動が行われています。

栄養供給や、磯掃除で藻場の生産力のアップを図ったり、食害生物の駆除や防御など、各地で地道な活動が重ねられているのです。

状態を改善する藻場再生

環境を保護しないといけないのは陸上だけではありません。私たちには見えない海の中の環境を守る事も大切です。

社会が近代化し、多くの海が埋め立てられたり、海水の汚染などにより海の中の生き物にとって生活しにくい環境となり続けています。

海の中でも浅く日光が届く藻場と呼ばれる場所に海藻やコケなどがいなくなってしまう磯焼けという深刻な状態の場所も少なくありません。

少しでもその状態を改善するために藻場再生という取り組みが行われています。

海にたくさんの生物が生息できるような環境を作るために藻場再生が積極的に行われています。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る