RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

植物を育てる為の酸性土壌の緑化について

日本の土壌は酸性であることが多いです。アルカリ性の部分はかなり少なくなっています。植物は土から栄養を吸って育ちます。家庭菜園でも酸性が強すぎれば、野菜などが育ちません。

プランターや庭などで栽培するには、石灰などを入れて土を中和します。土地を改良する事で、今まで植物が育たなかったところでも、植物を育てる事ができるようになります。しっかりと根を張った植物は、土砂崩れなどの災害を防ぐ役割を担う事もできます。

酸性土壌の緑化は 樹木が育たなくなった山などでも利用されています。土壌をアルカリ性にする事が大切ですが、その土地にあった植物を植える事が大切です。

酸性土壌の緑化に有効な微生物による地質改善

自然破壊によって、むきだしの土壌が土砂崩れを起こす被害が各地で頻発しており、土壌の緑化運動が日本全国で進められています。

しかし酸性雨の影響からか、植物が育ちにくい酸性の土壌が多くあるため、緑化運動は難航しています。酸性土壌の緑化工事では、地質を弱酸性、あるいはアルカリ性まで改善させることが必須となります。石灰を撒くことにより一時的に土壌のph値を調整することができますが、雨の影響でいずれは酸性に戻ってしまいます。

根本から改善するためには、酸性耐性菌と呼ばれる微生物の散布と、微生物が増殖するための土壌のメンテナンスが、最も有効な手段となります。

酸性土壌の緑化はかなり続けられる

酸性土壌の緑化事業は、今後もかなり続けられることになり、多方面で展開されるようになります。展開されないまま終わってしまうと、あまりいい状況にならないのです。

安心して行えるような状況を作り出すようにしながら、これまでよりも短期間で緑化事業が広く展開できるように、新しい技術の開発などもしっかり検討されていきます。

方法によっては、今後は酸性土壌の緑化もかなり早くなり、徐々にですが緑を増やせるようになります。多くの緑が増えていくようになっていくと、温暖化などの影響も最小限に食い止めて、自然を増やせるようになります。

ガーデニングでの酸性土壌の緑化について

マイホームを持っているような人においては、ガーデニングを趣味にして楽しむ人も多いようです。ガーデニングをおこなっていくなかで、うまくできないような場合にはもしかしたら、土壌の酸性化が進んでしまっている可能性があります。

同じ様に見えますが、土によっては酸性やアルカリ性などの性質があり、その性質によって植物の育成状況が左右されていることが大いにありえます。

ガーデニングの成功ポイントには、この土壌に適した植物を栽培する必要があります。また、植物に適した土壌にするために、酸性土壌の緑化をすることをお勧めします。

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る