RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

継続して行う藻場再生

実は環境対策というのは、一度木を植えたりするだけで終了するのではありません。むしろそこからが大変なのです。

それは藻場再生にも同じ事が言えそうです。

藻場再生は海の中に藻やコケが住みやすい環境にするために、生息しやすいブロックなどを海の中に入れる事で、次第に藻やコケがやって来て住みかとするというものです。

しかし、一度だけ最初にブロックなどを海の中に入れるだけで活動が終了する分けではありません。
その後も無事に藻やコケが住みついているかという確認を行わないといけませんし、そこで住みついていないのであれば別の対策なども必要になってきます。

魚に食べられてしまう事がない様にしばらくの間はネットをはっておいたりする事もしないといけません。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る