RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

継続して行う藻場再生

実は環境対策というのは、一度木を植えたりするだけで終了するのではありません。むしろそこからが大変なのです。それは藻場再生にも同じ事が言えそうです。

藻場再生は海の中に藻やコケが住みやすい環境にするために、生息しやすいブロックなどを海の中に入れる事で、次第に藻やコケがやって来て住みかとするというものです。

しかし、一度だけ最初にブロックなどを海の中に入れるだけで活動が終了する分けではありません。その後も無事に藻やコケが住みついているかという確認を行わないといけませんし、そこで住みついていないのであれば別の対策なども必要になってきます。

魚に食べられてしまう事がない様にしばらくの間はネットをはっておいたりする事もしないといけません。

藻場再生で環境を保護

人間の目から見るとコンブの群生地帯というイメージが強いと思いますが、魚たちの隠れ場や産卵場所として藻場はとても重要な役割を持っています。しかし、工場から流れる排水や海を埋め立てることが原因でだんだん藻場が減少していっていることが問題視されています。

藻場の破壊は地上で言う森林破壊と同じものなので、藻場再生に力を入れている団体も多くあります。

水深の浅いところに群生しているので人の手が加えられやすく、種苗を生産したり周辺から母藻を採取して対象の海中に卵をまくことなどを行っています。そのような手を加えることで、魚たちが集まる海域にすることができるのです。

藻場再生を長期的に考えて

護岸のコンクリート埋め立て、海での埋め立て、ガソリン流出、生活用水による汚染などで、水環境は破壊され続けています。

一度環境破壊が起こると、すぐに元に戻すことができません。森で木を植えてもすぐに木が生えてくる訳ではないように、自然の再生には時間がかかります。藻場再生を考えるなら、長期的な視野が必要になります。

初めに活動してそのまま放置していても、途中でケアや経過観察をしなければ好ましい結果は得られないでしょう。漁師などの水資源を糧に暮らす人達だけでなく、地球で暮らす皆ができることからしていく必要があるでしょう。

海の生態系を守る藻場再生

海の藻場の環境については、水産生物の宝庫と言われている場所です。小さな生物が生きていて、産卵などが日常的におこなわれる場所です。

しかしながら、その藻場が最近では、死滅してしまうような異常な現象が、日本のさまざまな場所で起こっています。

原因はさまざまなことが言われていますが、一番の要因としては水質汚染の問題や、ウニの異常繁殖などで生態系が変化してしまったことが言われています。藻場が消滅してしまうと、さまざまなものが失われ大打撃となってしまいます。そうしたことを回避しようと、藻場再生の活動が盛んにおこなわれるようになっています。

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る