RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

遊具が充実している公園施設

都内の公園はオフィスビルや住宅街の一角にあり、周辺住民の憩いの場となっています。一般的にはブランコや滑り台といった遊具が設置されていて、子供が身体を動かして遊ぶことができます。

郊外などにある敷地面積の広い公園の場合は、水上アスレチックやサイクリングコースなどの公園施設が充実しているところもあります。

花壇や植木に力を入れている公園では、お花見やピクニックを楽しむこともでき、家族での思い出作りにも最適です。夏季にはバーベキュー場を開放していたり、イベントを開催していたりと、一日中思いっきり遊ぶことができます。

公園施設のひとつである遊具について

周辺住民の憩いの場である公園には、遊具をはじめとしたさまざまな公園施設が設置されています。安心して子供達を遊ばせられるように、事故が起きないような工夫が随所に施されています。

例えば、遊具の隙間に頭や指を突っ込んで抜けなくなることが無いように、間隔を広めにとったり、反対に頭が入らないように狭くしています。また、バリが残っていると洋服を引っ掛けたり怪我につながる可能性があるので、表面の研磨やコーティングも厳しいチェックをしています。

舐めてしまっても害が無いように、遊具の土台や塗装には口にしても大丈夫な素材が使用されています。

公園施設を利用してみる

どの地域においても公園施設があります。公園には国で定められたそれぞれの基準があります。その基準には種別があり広さや目的、遊具などが定められています。

そのような基準によって幼い子どもたちが安心して利用できるようになっています。大人になってからだと、あまり行くことがなくなってしまいますが、最近では大人も楽しめるような運動設備などもあります。

子どもと一緒に童心の頃を思い出して、汗を流すのもいいですね。公園の概要については、インターネットでも調べることができますので、調べてから行くことをおすすめします。

さまざまな目的で利用できる公園施設

実は公園施設の使用目的は遊具だけではありません。公園の施設については規模にもよりますが、さまざまなスペースを設けていますので、遊具以外でも楽しむことができるでしょう。

その時期の季節ならではの特徴を感じることもできるでしょう。また、公園は子どもだけのための場所に思えますが、大人も利用することができます。ご年配の方々は団代でグランドゴルフなどを楽しんでいたり、太極拳を楽しんでいる人たちも見かけたりします。

また、散歩やベンチで休んだりもできます。疲れた時にこそ公園を利用することで、リフレッシュすることができるでしょう。

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る