RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

多くの産業で使用できるRPF

製紙業界や、鉄鋼など多くの産業で利用され初め、成果を評価されているRPF燃料ですが、近年急速に需要の高まりをみせています。

石炭代替燃料として使用することが可能なだけではなく、石炭に比べて温暖化ガスの発生量が少ないことやボイラーの公害防止策として今まで使用しなくてはならかった集塵装置や脱臭装置,乾燥機⽤排ガス処理装置,腐蝕防⽌添加剤供給装置などの⾼額な公害防⽌設備投資が不要という利点から考えても、多くの産業にとって、RPFは必要となることが予想されます。

また、RPFは減容機で産業廃棄物を1/10ほどに縮小されているため、固形燃料としての保存性や運搬のコスト削減にも役立っているのです。

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る