RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

藻場再生を行う方法

藻場は、沿岸域に生息する海藻や海草の群落を中心としている生態系であり、水深によって様々な種類の海藻や海草が生育しています。そのため、藻場再生を行う際には、その場所で生育しやすい種類を選んで植え付けなどを行う必要があります。

また、藻場再生を行う方法として、種苗を生産して海域に供給するという方法があり、ロープ式と着生基盤式がありますが、藻場再生を行う場所の水深によって適している方法が異なり、場所によっては、ウニなどによる発芽体の食害が発生する恐れがあるため、ウニなどの食害生物の防除が必要になる場合があります。

時間をかけてでも藻場再生を行う

かなり時間がかかってしまう傾向もありますので、藻場再生はしっかり行わなければなりません。行う場合は、準備を行うのはもちろんですが、それ以外にも時間をかけるようにします。

長い時間を使わないと、藻場再生を実施するのは困難になります。かなり大掛かりな方法も出ていますので、藻場がどのように変化していくのか様子を見ながら、次の対策を行っていく形になります。

大きな方法を使っていく場合には、リスクが生まれる可能性もあります。高いリスクを背負ってでも、再生できる効果を持っているなら実行して、その後の様子を見ておくのです。

海を元どおりにする藻場再生

海の環境が深刻な部分については陸に近い部分なようで、私たちの生活が深く関わっているようです。汚染の一つとして考えられるのが、工場からの廃液や埋め立てなどの部分が言われています。そうした汚染の影響からか、近年では急激に藻場が失われているようです。

日本全土の現象であり、そうしたことが深刻な問題になっていて、緊急案として藻場再生がさまざまな場所でおこなわれています。

藻場再生をおこなうことで、海の環境を良くすることができますので、企業や漁協団体などが積極的に取り組みをおこなわれています。そうした取り組みが少しずつ成果につながっています。

藻場再生で海の環境を整える

自然環境が変わり生態系が崩れてしまうと、海洋生物の餌が無くなってしまったり、天敵が増えたことにより数が減少してしまったりと、漁業にも深刻な影響を及ぼします。これを解決するには、藻場再生などを行い、生物が過ごしやすい環境を整えることが大切です。

藻場と呼ばれる海藻の群生は、光合成を行って水中の酸素濃度を高めたり、魚の隠れ場所や産卵場所になります。

温暖化が原因となる海水温の上昇や水質汚染などで減少してしまった海藻類を育成したり、海藻を食べつくしてしまう海栗を取り除いたりして、以前のような海洋生物にとって過ごしやすい環境を整える取り組みが各地で行われています。

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る