RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

藻場再生を行う方法

藻場は、沿岸域に生息する海藻や海草の群落を中心としている生態系であり、水深によって様々な種類の海藻や海草が生育しています。そのため、藻場再生を行う際には、その場所で生育しやすい種類を選んで植え付けなどを行う必要があります。

また、藻場再生を行う方法として、種苗を生産して海域に供給するという方法があり、ロープ式と着生基盤式がありますが、藻場再生を行う場所の水深によって適している方法が異なり、場所によっては、ウニなどによる発芽体の食害が発生する恐れがあるため、ウニなどの食害生物の防除が必要になる場合があります。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る