RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

酸性土壌の緑化への取り組み

日本においては、一般的に酸性土壌が多いことが言われています。しかしながら、酸性土壌は植物には強いようで、十分に育成ができないケースは多いようです。

そうした強い性質の酸性土壌については、酸性土壌の緑化対策を取り組む必要があるようです。土壌を改良するにあたって、さまざまなグッツがありますが、そのなかでも便利なものとして専用のマットをお勧めします。

マットで対応をおこなうことによって、広い敷地であっても酸性土壌の緑化を手軽におこなうことができるでしょう。緑化ができることによって、どのような庭ができるか楽しみですね。

酸性土壌の緑化をする為に法面緑化をします

法面緑化は、法面に植物などを繁殖させることで、法面を保護する工法です。酸性土壌緑化をする為に植物を植えることで、雨水による浸食を防ぎ、風化を抑制します。さらに周辺の自然環境と同調させるような植物を選ぶことで、景観を守る事もできます。

法面緑化工では、植物を法面に植える法面植栽工と構造物で植物が育つ環境を整備する緑化基礎工があります。法面が急な場合には、両方を組み合わせて行う場合などもあり、様々な工法を用いて酸性土壌の緑化を図っています。

緑化には多くの企業が賛同をし、他業種から多くの知恵を出し合いながら緑化を進めています。

酸性土壌の緑化で植物を生き生きと育てる

思うように作物や花が育たないという場合、育てようとしている植物が土壌に合っているかを確認しましょう。植物を生き生きと育てるには、天候や肥料などさまざまな要素がありますが、まずは根を張り巡らせる土が植物と合っていない場合、手を尽くしても思うように育ちません。

日本は火山灰土が多いことや、酸性雨などの影響もあり、酸性の土壌が多いです。植生シートやマットなどを使用すれば、酸性土壌の緑化が可能となります。植生シートやマットは、ホームセンターやインターネット通販などで購入することができます。個人宅には配送をしてもらえないこともあるため、購入の際には注意しましょう。

さまざまな場所で取り組まれる酸性土壌の緑化

日本の土壌は性質的に酸性の土が多いとされています。度合いはそこまで強くなく弱酸性程度ですが、世界的にも問題になっている酸性雨や、日本特有の火山灰の土が多いことなどが理由に挙げられています。

聞きなれない言葉ですが、多くの企業や団体が酸性土壌の緑化を行う取り組みに携わっています。長期間かけて行う必要性がある取り組みですが、土壌の質を中性からアルカリ性にするために、石灰剤を使用したり、根をしっかりと張って自生できる植物を植えるなど、地道な取り組みが行われています。

ガーデニングで消石灰を使用したりすることもありますが、その規模を大きくした取り組みということです。

バイテクソイル工法

酸性土壌の緑化や藻場再生、磯焼け対策に有効なバイテクソイル工法をご紹介しています。詳しくは下記サイトをご覧ください。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
本社:大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号
東大阪営業所:東大阪市宝持2丁目2番10-407号
神戸営業所:兵庫県神戸市灘区弓木町3丁目3番15-306号

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。マイクロスコープやスクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

メニュー

藻場再生 公園施設や遊具 マイクロスコープ スクラバー

マイクロスコープやスクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る