RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

TOP > 酸性土壌の緑化 > 酸性土壌の緑化に力を入れている企業

酸性土壌の緑化に力を入れている企業

世の中にはさまざまな取り組みやサービスをおこなっている企業がありますが、その中には酸性土壌の緑化を取り組んでいる企業もあるようです。

こうした環境に配慮した企業においては、ここ数年で増加傾向にあると言われています。環境保護の大切に考えている人においては、こうしたサービスを利用したいと考えているような人も多いようです。

また、こうした企業においては、専門の従業員を雇う傾向にありますので、この分野に長けている人が担当になってくれる可能性も高いでしょう。効率よく酸性土壌を緑化していくためにも、こうした企業に依頼を行うことが、確実かつ安全だと言えるでしょう。

酸性土壌の緑化をしよう

土中には、マグネシウムなど様々な養分が含まれています。花卉、野菜、樹木など栽培する植物によって必要とされる養分が異なります。

土は、アルカリ性、中性、酸性に分けられ偏りすぎると植物が育たない土壌になります。植えられていた植物は枯れ、最終的には土だけが残ります。つまり砂漠のような状態になってしまいます。

山がそのような状態になり雨が続くと、土壌がやわらかくなり土砂崩れが起こりやすくなります。酸性過多の酸性土壌の緑化には、シート状の物が手軽にできます。根が張りやすいので、土壌の性質を変えながら緑化できます。

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

企業が取り組む酸性土壌の緑化

通常の緑化とは異なり、酸性土壌の緑化というのは、技術が必要となりますので、研究したり、開発したりする事が求められます。

酸性土壌の緑化は環境に深い関心を持っている人だけでなく企業も本格的に取り組んでいます。企業が酸性土壌の緑化に取り組む事で、より本格的に取り組む事ができます。

企業による努力もあってか、今日では酸性土壌の緑化は、以前と比較すると、かなり対策がしやすくなっています。酸性土壌の緑化を実現するというばかりでなく、できるだけコストをかけず、また簡単にできる方法が求められています。

私達が直面している環境問題は多数ありますが、これからも企業の力が必要となる事でしょう。

継続する必要がある酸性土壌の緑化

一度だけ酸性土壌の緑化を行うだけでは十分とは言えない場合もあります。酸性土壌の緑化を行ったとしても、また酸性雨が降ると、土壌が強い酸性となってしまう事もあります。

植物はずっと育ち続ける必要がありますので、酸性土壌の緑化も継続して行う必要があります。酸性土壌の緑化のための対策は一度行うと、その効果が長く続く事もありますが、効果が薄れると、その際に対策を行う必要があります。

お手入れをしているにも関わらず、植物が思う様に育たないという場合には、酸性土壌の緑化が必要な場合も考えられます。状況に応じ、適した対策を行う必要があります。最終的には、無事に植物が育つといいでしょう。

バイテクソイル工法

酸性土壌の緑化や藻場再生、磯焼け対策に有効なバイテクソイル工法をご紹介しています。詳しくは下記サイトをご覧ください。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
本社:大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号
東大阪営業所:東大阪市宝持2丁目2番10-407号
神戸営業所:兵庫県神戸市灘区弓木町3丁目3番15-306号

メニュー

現代の新エネルギーRPFホーム 藻場再生 酸性土壌の緑化 公園施設や遊具 公園施設 遊具 スクラバー

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。スクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

スクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る