RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

マイクロスコープの知って得するマメ知識

マイクロスコープとはパソコンやTVの画面に画像を映すことができる拡大鏡のことです。 一般的な実体顕微鏡では2〜30倍程度しか倍率を上げられないのに対し、 マイクロスコープでは数十倍〜数百倍程度まで拡大することができます。

日本では湿気が高いためにカビが生えやすいため、 レンズについた汚れを拭わずに置いておくと綺麗な像を映すことができなくなります。 またマイクロスコープでは観察物に当てる照明をLEDに変えることで、 その寿命が延びるので省電力につながります。

また既存の光源とは異なりLED光源ではガラス管を使用しないので、 振動や衝撃に強くなるというメリットもあります。

マイクロスコープの機能等を解説

デジタルモニターに拡大画像を表示する装置をマイクロスコープといいます。通常、マイクロスコープは高画素のカラーカメラ、接続ケーブル、モニターからなり、画像データを記憶できるメモリー、また画像処理や解析を行うCPUを備えたパソコンと一体型になったものもあります。

近年は深度方向に焦点をずらしながら連続撮影することで三次元情報を取得できる機器も発売されており、電子回路や小さい工業部品の品質の良否判定など静止観察に適しています。光学顕微鏡に比べて観察できる倍率は低いものの、視野が広く、カメラの角度を変えることで、斜め横方向からの観察も行うことができます。

多くの現場で必要とされるマイクロスコープ

同じ用途から顕微鏡と比較されるマイクロスコープは、利便性の高さから外すことのできない装置になっていて、医療の現場や科学の現場などの多くのシーンで活用されるようになりました。特徴としてはレンズで観察物をみる顕微鏡と異なり、モニターの画面で観察物をみる仕様になります。

このことから、多くの人で観察物をみられるようになっていて、仕事の現場などでは重宝されています。また、ハンディでカメラが使用できるものもあり、観察物にはさまざまなものを利用できるようになりました。マイクロスコープについては、今後においても仕様が更新されていくことが予想されますので、ますます便利なものになるでしょう。

マイクロスコープで肌年齢を知る

マイクロスコープの特徴としては、モニターにスコープを当てた箇所が大きくモニターに映像として表示されるところです。これは、特に医療業界や美容業界に浸透していて、老若男女問わず多くの人の役に立っている身近な機器です。

美容業界では、肌年齢を知るために使われている機器もあり、それによって肌の状態や水分量などを測定できるなど、データの分析にも活用できます。また、研究員の方が説明する内容を、実際に肌を見ながら受けられるメリットもあります。自身の肌年齢を知ることで、様々なメリットもあるので、マイクロスコープで見てもらいましょう。

歯医者さんで利用されるマイクロスコープ

歯医者さんで利用されるマイクロスコープについては、装置のなかでも最高峰を名乗っているものになります。歯の治療は身体の中でも細かな治療が必要とされますので、場合によっては肉眼で確認できないケースがあります。そのようなケースにおいて、憶測で治療をするのではなく確実な科学的根拠に基づいて、治療を実施できるようになりました。

マイクロスコープの誕生によって、著しく歯科治療の発展が見られましたので、今後も大きく変わっていくことが予想されるでしょう。まだまだ導入していない歯医者さんは多いですが、今後は導入する医師も増えていくことが予想されるでしょう。

マイクロスコープ関連

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープについて興味のある方はこちらを見てください。

スクラバー、砂漠緑化、藻場再生、マイクロスコープの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る