RPFは何よりも企業にとって、心強いのは、現在使用している石炭やコークスのような燃料を使用する機器を変更することなく、そのまま利用できるのも大きな導入のメリットとなるのではないでしょうか。

TOP > 酸性土壌の緑化 > 地球のための酸性土壌の緑化

地球のための酸性土壌の緑化

地球のためにも、酸性土壌の緑化をおこなう事は大切です。酸性土壌の緑化を行う事は植物の育成においてのみ効果があるのではありません。

酸性土壌の緑化を行う事で、植物が増えると、二酸化炭素増加の対策まで行う事ができます。酸性土壌の緑化で自然が充実すると、動物も戻ってきますので、場合によっては絶滅の危機から救えるケースも考えられます。

酸性土壌の緑化を行う事は、いろんな所に影響を及ぼします。環境において問題点があれば、積極的に解決していくという姿勢が何より大切となるでしょう。

大変な事になってしまう前に対処する事が求められています。そのためには、私たちが力を合わせる事が大事です。

酸性土壌の緑化による環境整備

酸性土壌、土壌が酸性に偏りすぎである状態です。その酸性に偏り過ぎている土壌をアルカリ性に近づけることを行い、植物が育ちやすい環境を作ってあげます。

これにより酸性土壌の緑化が進みます。酸性土壌をアルカリ性に近づける方法としてまず、土の酸度を調整する必要があります。土の調整する方法として、一般的に石灰や草木灰があります。

ホームセンターでも簡単に入手出来ます。石灰や草木灰を土に散布後しっかりと混ぜましょう。これにより酸性に偏り過ぎていたものがアルカリ性に近づきます。ですが、酸性雨により弱酸性になっていた土壌が酸性に戻ることがあります。海外では日本より劣悪な環境に置かれている土壌もあります。

酸性土壌の緑化の方法と生態系への影響

植物に適した土壌は基本的には弱酸性の土壌です。酸性度の強い土壌では植物は育ちにくいです。酸性土壌の緑化の方法としては植生マット・シートの使用などがあります。

個人の家庭菜園でも長年使っている土壌が酸性になってしまっていることもあります。酸性土壌では植物の育成が難しくなります。そこで、土に石灰や消石灰土壌に混ぜて、土壌を弱アルカリ性にします。

海外では環境の悪いところも多く、やはり酸性土壌の緑化が行われています。緑化が成功すれば、生態系の保護にも役立ちます。つまり地球全体にとっていい影響があると言えます。

藻場再生と酸性土壌の緑化情報ページ

メニュー

現代の新エネルギーRPFホーム 藻場再生 酸性土壌の緑化 公園施設や遊具 公園施設 遊具 スクラバー

「現代の新エネルギーRPF 地球温暖化防止のために!」では、環境に配慮した工業製品に関する情報をご紹介しています。スクラバーといったものや、藻場再生や酸性土壌の緑化活動についての情報も掲載しています。身近な公園施設や遊具についての記事も是非ご覧ください。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

スクラバーの詳細や導入については大阪、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)など広い地域に対応したメーカーへご相談ください。公園施設や遊具の設置、藻場再生や磯焼け対策、酸性土壌の緑化活動については大阪の企業サイトへ。

ページトップへ戻る